プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

塾選び PART1 我が家が塾に入れた時期

 娘の卒業式用のコサージュを作るために学校でPTAの集まりが
 ありました。娘の学校は受験する子供が少なく、ほんわかした
 雰囲気の居心地がいいところです。受験しただけでもすごいね
 よく頑張ったんだねと素直に喜んで心からおめでとうと言っ
 てくれます。受験の話から塾の話になり、受験には塾がやはり
 必要なのか、それとも家庭学習でも大丈夫なのかどうかなど
 話が盛り上がりました。

 塾がいるかどうかは、一言では言えないもので、なくても受か
 る子はいるし、お金をものすごくかけてしまった人もいれば
 それは様々で、これが正しいですなんてことはないんですが、
 共通した認識では、長すぎる塾通いは息切れの元で、やはり
 二年ぐらいで勝負をつけるのが一番いいような気がします。

 最近はどこの塾も低学年からのコースを設けているので、塾
 も生徒確保に大変なんだなという感じです。

 かくいう我が家の娘も実は塾には1年生から入れてしまったん
 ですが、大抵の子供が最近は公文などに通っている場合が多く
 通信などもやっているので、何もせずに学校だけなんていう
 子供は珍しいと思うんです。
 公文は教室をいくつか見学したことがあるのですが、納得でき
 ない部分があって、通わす気になれませんでした。
 先取りで進みさえすればいいという方針の教室に違和感を感じ
 それなら我が家の旦那の会社の系列塾に入れて、勉強の習慣
 だけでもつけた方がいいかもと思えたのです。

 公文は週に二回、塾は一回だったので、低学年は回数が少ない
 方がいいだろうということで、娘はその他のお稽古事と同じ
 レベルで塾に通い出しました。

 この頃にやっていたお稽古事は、そろばん、英語、囲碁
 スイミングでした。どれも楽しくて伸び盛りだったので、塾は
 受験のためというよりは、直接成績に関係ないおけいこばかり
 だったので、ないと勉強らしいことを何もしていないことにな
 るので、ちょっと行っておくかというレベルでした。
 そんな小さい時から塾?と驚かれるようなものでは全くなかっ
 たと思います。

 これが我が家の塾生活の始まりでした。


 しばらくが塾の話が続きます。





 新シリーズ開始記念に応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ 



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。