プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

真央ちゃん復活の兆しと娘の冬期講習

 個別指導の冬期講習が始まりました。
 一日に大体二コマで、時間的には3時間ほどですが、間にランチ
 タイムと終わってからの自習タイムで合計6時間ほどは塾に詰め
 ることになります。

 この最後の講習では、過去問を集中してやっていますが、手応え
 があったと思っても、採点してみるとまだぽろっと落としていて
 なぜそうなったのかという分析をしてみると、覚え間違いや問題
 の深読みしすぎ、あるいは意地悪な問題でひっかかっている・・・
 そういった点が浮き彫りになってきました。

 正直社会は一校のためだけに必要なので、もう最低限の知識で
 いいとして、理科の暗記項目で間違って覚えていたものを洗い出
 し、しっかり押さえておくしかありません。

 国語は、漢字ができないので、最後まで苦しいですが、記述が
 不得意ではないので、なんとかそこでカバーできそうです。

 算数はマイペースでこの調子を崩さず、一問でも多く解けるよう
 に演習を積んでいく・・・残り日数はわずかですが、一点でも
 上積みするという気持ちでミスを最小限にし、取れる問題だけ
 確実に解く。解けそうな問題でも時間がかかりそうならパスする。
 下手に手を出して時間切れを招かない。これを徹底してテキスト
 は夏休みにもらったものをもう一度見直しておけばまず大丈夫
 でしょ。第一志望校に絞っての勉強しかしていませんから、第二
 志望校より下の学校の赤本はやっていません。

 赤本の問題だけを一生懸命やるより、基礎がきちんとできている
 かどうか・・・それが重要なので、特別な対策はしません。

 よくでる分野を調べておくことぐらいはした方がいいかもしれま
 せんが、基礎が完璧ならどこが出てもおそらく第二希望以下の
 学校ならそれほど難問はないはずなので、十分娘なら対応でき
 るはずです。

 午前中の間に過去問を一通り解き、本番と同じ時間帯で頭が上手
 く動くように調節するつもりだと娘自らが自分で決めたので、
 自分なりに計画は立てている様子です。

 最後まで緊張感のない娘ですが、緊張しすぎて最初から負け顔に
 なるよりは、リラックスして力以上のものを出せた方がいいと
 思うことにします。

 負け顔と言えば、スケートの浅田真央選手が最近元気がなく、
 いつもものすごく緊張した顔で目が最初から死んでいる状態だ
 ったのを何とか復活してほしいなと願っていましたが、今日
 全日本選手権ショートプログラムで見事1位通過し、久しぶりに
 彼女の笑顔を見ることができました。いつも過度のプレッシャー
 に押しつぶされそうで泣き顔になっていたのが心苦しくて、もう
 少しリラックスして自由にどんな結果になってもいいから自分を
 あまり追い込まないで少し練習もしすぎない方がいいんじゃない
 かと思っていました。

 なので今日も本番前の暗い顔を見て、不安で仕方なかったのです
 が、見事やってくれました。どうしても彼女の涙ぐましい努力を
 見ると応援したくなるのです。まだフリーがありますが、立ち直
 るきっかけをつかんだように見えるので、どうかその努力が報わ
 れますように。

 娘のような緊張間ゼロの子もどうかと思いますが、笑う門には
 福来るですから、笑っていい結果が残せるように祈っています。

 リラックス、真央ちゃん!
 そして我が娘よ、少しは緊張しなさい!

 
 
 浅田真央選手の顔に、久しぶりに笑顔がこぼれたの
 を見て、涙が出てきたまめっちママに応援クリック
 よろしくお願いします
(長いスランプから抜け出すのはもう少し。頑張れ真央ちゃん)
  ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す