プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
161:考えさせられます・・・。 by あい on 2010/12/08 at 23:14:13

娘さん、追い込みに入って大変なことと思います。
まめっちママさんも、風邪などひかれませんように。
私の甥っ子も受験を控え、かなりピリピリしているようです。兄が先に受かっているので、余計にプレッシャーを
感じるようで・・・。
今日のブログ、深く考えさせられました。我が子の時代はどうなるのだろう?と・・・。
せめて自分の力で物事を「選択」していくことができるようには育ててやりたいと思いました。
娘さん、希望が叶いますようにお祈りしています。

162:あい様へ by まめっちママ on 2010/12/09 at 01:38:06

ちょっと重たい内容でしたね。
でも、本当に子供達の様子はかなりひどいんです。
先生が何を聞いても勉強じゃないことを聞いていても
まるで黙秘権を行使しているかのようにだんまりで
一切返事をしない子供とかもいて、先生も毎回困って
るそうです。娘はまだそんなことはないのですが、
受験を二人三脚で楽しむなんて生やさしいことは
ないですね。うちはどちらかというとかなり受験生の
中では緩い方で、今も私のiphoneのゲーム貸してですから
全然余力残しまくりで、ちょっと緊張感持ちなさいと
思うほどなんですが、もう家族全員でフルスピード
エンジン全開状態で今にもエンジンが焼き切れそうな
子供もいますね。受かったら報われるのだからもう少し
の辛抱だというのも・・・・大きな嘘をついているという
ことで、子供もどうせそんなことあり得ないとあきらめムードになっていたり・・・・見れば見るほど弊害も多い
のは事実です。だから幸せな受験でありたいといつも
思うのですが、受験はみんな仲良くというわけにいかず
誰かが落ちるんですよね。それが辛いです。
でもできるだけ皆が幸せな結末を迎えることができるよう
にとそれだけを願ってます。

164: by バニラ on 2010/12/10 at 05:52:06

夢をかなえていくのは、結局、どの学校に行ったかではなく、本人次第です。
親や塾の先生にお尻を叩かれて、なんとなくエリートコースに乗っかっても、自分にやる気がないのに、専門職に付いても長続きしないし、先進国の資本主義社会に居る以上、死ぬまでエンドレスに競争社会です。受験で息切れさせてしまうような教育ではなく、その先も、その後も、そしてその後もずっと競争が続くんだというイメージのなかで受験をさせてあげないと、希望校に受かったら、燃焼してしまい、何も目標が見出せなくなってしまう子、なんのための勉強だったのか、受験をしない子も、勉強するのは何のためか、その位置づけをさせる必要はあるでしょう。
子供の長所、短所を理解して、長いスパンで見守り、その子供に合った道を本人が見つけていくように指導していくのが本当の教育だと思います。
テストや試験の結果に上手に応えられても、失敗したり、予想外の事態に対処できなければ社会人として一人前にはなれません。
だから、受験は、受かってもプラス、落ちてもプラスなんです。子供のうちはいくら失敗してもやり直しが利きますし、経験って良いことばかりじゃだめなんです。こればかりは、お金じゃ買えませんから、失敗こそチャンスなんですよ。
逆に失敗のない子供が大きくなって、仕事や人生に躓くとその反動は大きいみたいですよ。
うちは、失敗ばっかりだったせいか、ちょっとやそっとじゃへこたれなくなりました。
変な言い方ですが、失敗や挫折があったから、今の娘の成功があるだけに、受験は、本当に小さな小さな大一歩。ママにしてみたら初めての受験で緊張もされているんだと思いますが、大丈夫!
受験を前に、縁起の悪い・・・と思われたら申し訳ないんだけど、どっちに転がってもお嬢さんなら、きっときっとプラスに持っていくでしょうから、私は心配しないで応援しています!

165:バニラ様へ by まめっちママ on 2010/12/11 at 01:31:21

夢を叶えていくのは本人次第というのは、その通りです。
受験で燃焼してしまってその後が続かないのでは、本末
転倒ですしね。ただ、中学受験はあまりにも過酷でこの
勉強がずっと続くと本当に楽しいなんてもんじゃなく、
苦しい早く楽になりたいとしか思えなくなってくるんですよね。
だからあと少しだから頑張ってと励ましても、顔は
厳しいままで、どうせそれが終わってもまたつらい勉強が
ずっと続く・・・そういう風にしか思えない子供が本当に
多いように思います。日本の受験って知識の暗記に偏って
いるので、余計にそう思うんですよ。苦手なものを飛ばす
わけにはいかず、嫌いな社会でもやらないといけない。
まあ幸いにもうちは楽天家なので、深刻には考えてない
ので、なるようになるという気持ちで全然緊張感もなく
のほほんとしてます・・・(汗)

166: by mherese on 2010/12/11 at 22:19:11

まめっちママさんこんばんは。
こちらは初コメかな?と思います。
よろしくお願いいたします☆

ところで受験が人を強くするのかということですが・・・
以下は私見ですが、ひとつの「ハードル」を越える、または越えることを目指す、という意味では、その努力はきっとその子供の身になっているのだと思います。でも結局まめっちママさんもご存知の通り受験は「人生の通過点」以外の何ものでもないのですよね。勉強がたくさんできればそれだけなりたいものへの選択肢が増える、ということですものね。

相田みつをさんじゃないですけれど、「幸せは自分の心が決める」というか、受験を通して何を得たかは自分の心が知っているし、自分で決めたその受験、しっかりと自分で責任取ってこいよ!ってことなんでしょうね。どんな結果であれ、全てを肥やしにできる人間力があるかどうか。親や友達関係なく、全ての責任を100%取れる覚悟が自分にあるかどうか。正念場ですね。応援しています!体に気をつけて頑張ってくださいね!

167:mherese様へ by まめっちママ on 2010/12/12 at 22:05:10

こちらにもコメントくださってありがとうございます。
本当は結果がどうであれ、それが人生の肥やしになること
は理解しているんです。ただ、私が弱くて不安になってば
かりで・・・・

幸せは自分の心が決める・・・まさにその通りで、もっと
強くならないといけないなと自分でも思います。
今はおろおろするばかりで、娘の方がよっぽどしっかり
しています。きちっとしないと気がすまない私とは違って
娘は自分なりに考えているんでしょうけれど、私とは
ほら思考プロセスが違うし、ちょっと変わっているので
普通人の感覚で考えてはいけないんですよね。
単純暗記ができない娘ですが、洋画の台詞を全部覚え
てしまうことはできるんです。私と話しながらでも
英語は聞いていて何を言ってるのか把握し次々と単語を
覚えていくことができるのだから、本当に記憶力や
暗記力がないわけじゃないんですよね。ただ好きか嫌い
かそれだけが彼女の中で無意識に選択されて回路を遮断
するかどうか決めている・・・それだけなんです。
そこまでわかっていても、受験すると決めたからには
好きも嫌いも関係なく努力してほしいと思うんです。
それを適当にやっている娘にいらだつことも多く、心が
平静で居られなくなってしまう自分の小ささがまたいやで
毎日気分が浮き沈みします。
でもこうして色々な方に応援して頂いて本当に有り難い
ことだと思います。
1月の半ば頃にはいい結果をご報告できるといいなと思い
ます。いつも本当にありがとうございます。


▼このエントリーにコメントを残す

   

受験は人を強くするというけれど・・・

 中学受験をすると決めて別に後悔はしていませんが、最近娘から
 個別指導で他の生徒の様子を聞くたびに、本当に受験が生きる力
 を与えたり、強い心と何事も乗り越えられる精神力を作るのか
 疑問になってきました。

 中学受験に晴れて合格し、高校に進んだいわば先輩達の中には
 やっと苦しい中学受験を終えて進学しても、高校でも勉強ばかり
 もう6年間ずっと中学受験の時とかわらずしんどいだけで、何も
 他の楽しいことができないと嘆いている人も、少なからず存在
 します。

 もちろんそれを乗り越えて受験は役にたったと成長している子供
 達もたくさんいるわけですから、一概には言えないと思います。

 でも、周りでも心を病んだ子供達がたくさんいて、成功組でも
 目は死んでいる子供達が一杯います。

 大学に入って勉強しなくなるのも入るのに苦労する日本の受験
 システムの弊害なのだろうと思います。

 この頃は就職難で、超氷河期などと言われていますから、3年
 ですでに就活が始まり、何社もそれこそ100社ぐらいエントリー
 したのに、内定が出ないなどというこれまた人間否定されている
 かのような現実に、子供達はみんな疲れ切って精神を病んでしま
 うのではないかと心配です。

 こんなに頑張っているのに、どこも自分を認めてくれない。
 自分は社会に必要とされていないのかも・・・・
 そんなことをまだ若いうちに経験しないといけない今時の子供達
 が本当にかわいそうになります。

 物があふれ、何でもある時代に生まれて戦争も知らない平和な
 世界でのほほんとしているように思われていますが、その実は
 こんなに苦しいんですよね。

 どの世代もそう考えると、損得などないと言えるんじゃないかと
 思います。今の世代は年金も危うい時代ですが、私の母親世代は
 年金がかけた額よりずっとたくさんもらえる世代です。そのかわり
 子供の頃は食べ物にも困ってひもじい思いをした戦争直後を経験
 しています。

 それより前はそもそも受験戦争などない時代ですし、大学に行く人
 もほとんどいませんから、塾通いなどなかったわけです。でも、
 厳しい戦争体験をしていらっしゃるので、これも苦しいことに変わ
 りはありません。

 こうしてみていくと、どの世代もその時代にそれなりに大変な思い
 をして頑張ってこられたということなので、今の若者だけがつらい
 ということはないのです。それなのになぜこうも心を病む人が増え
 たのかということを考えると、辛い中に昔は達成感があり、周り
 も皆そうだったから自分だけが特別につらくはなかったという時代
 背景があります。子供もずっと多く、見守る大人も多かったわけで
 孤独にさいなまれたり、競争に勝ってもリストラがあったり、未来
 が見えない状況ではなかったというのが現代とは違うと思うのです。

 頑張れば右肩上がりで経済成長が続き、マイホームも買えて結婚
 も出来た・・・・それなりに努力が報われる世の中だったという
 のが今とは根本的に違うんですね。

 ところが現代は、勝ち組でも安心できない社会で、負け組はそれこ
 そ敗者復活の道が限りなくない・・・そんな閉塞感があるから、
 受験をしたら人生バラ色なんてことにならないのを子供が知ってい
 るわけです。

 そんなあきらめの中にいる子供達に、頑張ってもう少しだからと
 言っても、じゃあその先は?大学に入ったらいいことあるの?
 就職でまた人間否定?いつまでたっても楽にならない・・・・
 
 中学受験組の中には少なからずこういう考え方の子供がいます。
 
 こういう子供達にかける言葉がみつからないんです。
 個別指導の先生も入ったら楽になるからあと少し頑張れとしか
 言えない・・・

 物事を深く考える子供ほどこの罠に陥り易い気がします。

 小さい頃はよく遊び、思い残すことなく悪さもしたという人の
 方が今見ていても、そんな悲観的な考え方にならずに生きてい
 るように見えます。

 身近なところでは、我が家の旦那がそうです。
 学校で誰よりも悪く、人の物を壊す、泣かす、いわばわんぱく
 の典型でしたが、強い精神力を持ち、現在は何にも負けない自分
 のポリシーに従って自由に生きています。

 こういう人からみると、悩むということそのものがわからない
 そうですが、苦しいと訴える子供には、やはり背伸びしすぎない
 自分らしさを出せる学校選びをしてやるしか親にはできないと
 思います。

 身の丈にあったものを選ぶことで、心も軽くなり、そこで思いも 
 よらなかった力や才能を発揮出来る機会に恵まれることは多々
 あります。

 そういう生き方もあるんだよと大人が子供に示してやれたら
 もっと幸せな受験もあるのかもしれません。

 

 後悔のないいい受験だったねと
 言って笑えるようになりたいと
 願うまめっちママに応援クリック
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ 

 
 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
161:考えさせられます・・・。 by あい on 2010/12/08 at 23:14:13

娘さん、追い込みに入って大変なことと思います。
まめっちママさんも、風邪などひかれませんように。
私の甥っ子も受験を控え、かなりピリピリしているようです。兄が先に受かっているので、余計にプレッシャーを
感じるようで・・・。
今日のブログ、深く考えさせられました。我が子の時代はどうなるのだろう?と・・・。
せめて自分の力で物事を「選択」していくことができるようには育ててやりたいと思いました。
娘さん、希望が叶いますようにお祈りしています。

162:あい様へ by まめっちママ on 2010/12/09 at 01:38:06

ちょっと重たい内容でしたね。
でも、本当に子供達の様子はかなりひどいんです。
先生が何を聞いても勉強じゃないことを聞いていても
まるで黙秘権を行使しているかのようにだんまりで
一切返事をしない子供とかもいて、先生も毎回困って
るそうです。娘はまだそんなことはないのですが、
受験を二人三脚で楽しむなんて生やさしいことは
ないですね。うちはどちらかというとかなり受験生の
中では緩い方で、今も私のiphoneのゲーム貸してですから
全然余力残しまくりで、ちょっと緊張感持ちなさいと
思うほどなんですが、もう家族全員でフルスピード
エンジン全開状態で今にもエンジンが焼き切れそうな
子供もいますね。受かったら報われるのだからもう少し
の辛抱だというのも・・・・大きな嘘をついているという
ことで、子供もどうせそんなことあり得ないとあきらめムードになっていたり・・・・見れば見るほど弊害も多い
のは事実です。だから幸せな受験でありたいといつも
思うのですが、受験はみんな仲良くというわけにいかず
誰かが落ちるんですよね。それが辛いです。
でもできるだけ皆が幸せな結末を迎えることができるよう
にとそれだけを願ってます。

164: by バニラ on 2010/12/10 at 05:52:06

夢をかなえていくのは、結局、どの学校に行ったかではなく、本人次第です。
親や塾の先生にお尻を叩かれて、なんとなくエリートコースに乗っかっても、自分にやる気がないのに、専門職に付いても長続きしないし、先進国の資本主義社会に居る以上、死ぬまでエンドレスに競争社会です。受験で息切れさせてしまうような教育ではなく、その先も、その後も、そしてその後もずっと競争が続くんだというイメージのなかで受験をさせてあげないと、希望校に受かったら、燃焼してしまい、何も目標が見出せなくなってしまう子、なんのための勉強だったのか、受験をしない子も、勉強するのは何のためか、その位置づけをさせる必要はあるでしょう。
子供の長所、短所を理解して、長いスパンで見守り、その子供に合った道を本人が見つけていくように指導していくのが本当の教育だと思います。
テストや試験の結果に上手に応えられても、失敗したり、予想外の事態に対処できなければ社会人として一人前にはなれません。
だから、受験は、受かってもプラス、落ちてもプラスなんです。子供のうちはいくら失敗してもやり直しが利きますし、経験って良いことばかりじゃだめなんです。こればかりは、お金じゃ買えませんから、失敗こそチャンスなんですよ。
逆に失敗のない子供が大きくなって、仕事や人生に躓くとその反動は大きいみたいですよ。
うちは、失敗ばっかりだったせいか、ちょっとやそっとじゃへこたれなくなりました。
変な言い方ですが、失敗や挫折があったから、今の娘の成功があるだけに、受験は、本当に小さな小さな大一歩。ママにしてみたら初めての受験で緊張もされているんだと思いますが、大丈夫!
受験を前に、縁起の悪い・・・と思われたら申し訳ないんだけど、どっちに転がってもお嬢さんなら、きっときっとプラスに持っていくでしょうから、私は心配しないで応援しています!

165:バニラ様へ by まめっちママ on 2010/12/11 at 01:31:21

夢を叶えていくのは本人次第というのは、その通りです。
受験で燃焼してしまってその後が続かないのでは、本末
転倒ですしね。ただ、中学受験はあまりにも過酷でこの
勉強がずっと続くと本当に楽しいなんてもんじゃなく、
苦しい早く楽になりたいとしか思えなくなってくるんですよね。
だからあと少しだから頑張ってと励ましても、顔は
厳しいままで、どうせそれが終わってもまたつらい勉強が
ずっと続く・・・そういう風にしか思えない子供が本当に
多いように思います。日本の受験って知識の暗記に偏って
いるので、余計にそう思うんですよ。苦手なものを飛ばす
わけにはいかず、嫌いな社会でもやらないといけない。
まあ幸いにもうちは楽天家なので、深刻には考えてない
ので、なるようになるという気持ちで全然緊張感もなく
のほほんとしてます・・・(汗)

166: by mherese on 2010/12/11 at 22:19:11

まめっちママさんこんばんは。
こちらは初コメかな?と思います。
よろしくお願いいたします☆

ところで受験が人を強くするのかということですが・・・
以下は私見ですが、ひとつの「ハードル」を越える、または越えることを目指す、という意味では、その努力はきっとその子供の身になっているのだと思います。でも結局まめっちママさんもご存知の通り受験は「人生の通過点」以外の何ものでもないのですよね。勉強がたくさんできればそれだけなりたいものへの選択肢が増える、ということですものね。

相田みつをさんじゃないですけれど、「幸せは自分の心が決める」というか、受験を通して何を得たかは自分の心が知っているし、自分で決めたその受験、しっかりと自分で責任取ってこいよ!ってことなんでしょうね。どんな結果であれ、全てを肥やしにできる人間力があるかどうか。親や友達関係なく、全ての責任を100%取れる覚悟が自分にあるかどうか。正念場ですね。応援しています!体に気をつけて頑張ってくださいね!

167:mherese様へ by まめっちママ on 2010/12/12 at 22:05:10

こちらにもコメントくださってありがとうございます。
本当は結果がどうであれ、それが人生の肥やしになること
は理解しているんです。ただ、私が弱くて不安になってば
かりで・・・・

幸せは自分の心が決める・・・まさにその通りで、もっと
強くならないといけないなと自分でも思います。
今はおろおろするばかりで、娘の方がよっぽどしっかり
しています。きちっとしないと気がすまない私とは違って
娘は自分なりに考えているんでしょうけれど、私とは
ほら思考プロセスが違うし、ちょっと変わっているので
普通人の感覚で考えてはいけないんですよね。
単純暗記ができない娘ですが、洋画の台詞を全部覚え
てしまうことはできるんです。私と話しながらでも
英語は聞いていて何を言ってるのか把握し次々と単語を
覚えていくことができるのだから、本当に記憶力や
暗記力がないわけじゃないんですよね。ただ好きか嫌い
かそれだけが彼女の中で無意識に選択されて回路を遮断
するかどうか決めている・・・それだけなんです。
そこまでわかっていても、受験すると決めたからには
好きも嫌いも関係なく努力してほしいと思うんです。
それを適当にやっている娘にいらだつことも多く、心が
平静で居られなくなってしまう自分の小ささがまたいやで
毎日気分が浮き沈みします。
でもこうして色々な方に応援して頂いて本当に有り難い
ことだと思います。
1月の半ば頃にはいい結果をご報告できるといいなと思い
ます。いつも本当にありがとうございます。


▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。