プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

学校説明会行ってきました。

 思い切り疲れましたが、学校説明会に行ってきました。
 うちからは電車一本で行ける今のところ一番近い学校ですが
 一番行く可能性が低い所でもあるので、なんだか複雑な心境
 です。

 でも、行ってよかったのは、思っていた以上に学校はしっかり
 していて、以前のイメージとは雲泥の差で、今は本当に学校が
 一丸となってどんな生徒でも面倒を見てくれそうな雰囲気だ
 ったところですね。

 だからこそ最近の進学実績があれほど伸びているのでしょう。
 生徒の雰囲気もなかなかよかったです。
 
 ここは模試ではいつもA判定が出ていますが、一つだけ気になる
 のは、合格最低点がものすごく高いということです。
 つまり難問奇問が出ず、シンプルで基本さえきちっと押さえて
 おけば必ず取れる問題ということなんだと思います。

 でも、そういうところがうちの場合、怖いんです。
 なんせ難問が解けても簡単な15-8で間違える恐ろしい娘です
 から、ミス連発なんてことになったら、ここでさえ安全とは
 言えません。入試は何が起きるかわからないので、油断できま
 せん。それに併願は更に点数が高いので、ほとんどが専願で
 受けるこの学校を併願するということは、はっきり言って
 ほぼ8割取れないとだめということなんです。

 まあ怖がっても仕方ないのですが、むしろ難しい問題を出す所
 で、合格点が5割ほどでいい学校の方が娘にはあっているのも
 事実です。そこで算数と国語が6割越えれば、理科の多少悪い
 成績もカバーできますし、社会はどのみち理科と比べていい方
 の点数で判断されるわけですから、できてもできなくても
 理科さえ頑張れば正直何とかなります。

 しかし娘は、問題の好き嫌いが激しいので、心が折れそうな
 面倒くさい計算が続くと、途中放棄するというこれまた心臓に 
 悪い冗談をやってくれるので、問題があっているかどうかは
 ものすごく大事です。塾ではうちがあまり考えていない所を
 勧めてくるのですが、そこの赤本をちょっと眺めてみましたが

 娘は「この問題あかん。嫌い。無理」
 (あんた・・・選べる立場か・・・?)
 ちょっとぴきっと切れそうになりますが、こういう子なので、
 問題が好きか嫌いかはものすごくうちでは重要な要素なんです。
 図形が得意な娘は、そういう問題がたくさん出てほしいらしい
 のですが、これがまたその手の問題が出るのは、決まって
 男子の難関校なんです。差別だ~と叫んでみても、しょうがない
 んですが、仮に出たとしても、ちまっときっちり計算なんていう
 のは性に合わず、え~いもうどうでもいいやん、こんなごちゃご
 ちゃとへこませて表面積やら体積やら計算せんでも!と言う娘の
 気持ちもわからないではないのですが・・・・
 でもね、入試はどれだけ努力したか、どれだけきちっと細かい
 面倒なことでも最後まで粘り強く頑張れるかも見ているのだから、
 そこもできないといけないんだよと思うのですが・・・・

 一体どうなるのか・・・・迷走は続きます。
 

 歩き疲れて足がむくんでしまったまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします。
 (あなたの一票で足が復活するかも・・・)
  ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す