プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

日曜特訓は本当に役立っているのだろうか・・・?

 今日は日曜特訓だったのですが、実は休んで娘は家にいました。
 理由は色々ありますが、夜の九時までいても、一科目しか受け
 なくても、成績に変化はそれほどないようで、娘の友達は、ほと
 んどオプション講座は受けていませんが、成績優秀で、むしろ
 余裕さえあります。

 娘も塾の正規の授業は受けていませんが、全くその影響はない
 に等しく、今まで長い時間拘束されて宿題ばかりやっていた
 のは、一体何だったのかと思うこともあります。

 もちろん毎回小テストを頑張ることが入試につながるのも理解
 できるのですが、いつも暗記で苦しむ娘には、時間が必要で
 自分のペースでやらないと、結局勉強不足で基礎知識も欠乏
 したままテストを迎え、覚えてなかったということばかりで
 何一つ我が家にはいいことはなかったのです。

 今日は残っていた個別指導の宿題をやってしまい、過去問も
 やり、合格点が取れるかどうか確認しました。
 とりあえず合格ラインには到達していたので、過去問を集中し
 てやって傾向をつかみ、苦手箇所の克服にあてていこうと思い
 ました。

 算数と理科だけは、落としたくないので、来月は二科目だけ
 受けて、後は国語は漢字と難語を集中特訓すればもっと得意
 科目に昇格しそうな様子なので、それなら残りの日数でも
 十分間に合いそうです。

 社会が絶対に必要な学校は基本的に受けないので、理科の点数
 で大きな失点がないように、詰めていくしかないです。

 国語は時々むらがあるので、もっと確実に得点源にするには
 どうやっても苦手の漢字の克服と語彙をもう少し増やさないと
 いけません。

 同音異義語の漢字は泣けてくるほど書けないので、ここを鍛え
 るだけでも、確実に五点ぐらいアップするんじゃないかと思い
 ます。入試はわずかな差で決まるので、一問の重さをかみしめて
 ミスを最小限に、そして出来る問題だけは確実に得点する・・・
 これだけで合格できそうな気がします。

 この間の公開模試では、算数の偏差値がかなり良かったのです
 が、内容的には決してよかったわけではありません。

 正解率が低い所は、娘も出来ていなかったのです。でもそれにも
 かかわらず最近の模試の中で一番良かったのは、出来る問題を
 一問も落とさなかったからです。

 確実に自分の力の範囲の問題は解けた・・・それだけです。
 これを見ていても、難問奇問をよほど難関の某男子校など以外
 では、女子の学校では解けなくても大丈夫だということです。
 
 我が家が塾をやめた一番大きな理由は先生の問題と、この難問
 ばかり詰め込む授業スタイルに疑問を感じたことです。
 先生はともすれば、頑張らせたい一心で暴言を時々吐きますが、
 その中に愛があるのとないのとでは、子供の心は全然違って
 きます。

 このクラスでもなんとか実力をつけさせ、合格できるように
 すると励ますのと、このクラスからは受からん。全力で排除
 すると言うのとでは、どちらが伸びるか・・・・

 入試は甘くありません。いけないのに大丈夫だと言うのは問題
 ですし、それで落ちてはもっと悲惨です。

 でも、それなら最初から志望校別特訓で偏差値の下限を高く設定
 し、そこに到達しないとそのクラスは無理だということにすれば
 いいのです。偏差値の基準をクリアしてそこにいるのに、その
 クラスでは合格しないと言う先生は何を考えているのでしょう?

 励まし方を間違えているとしか思えません。

 そんなわけで、塾で子供が伸びる場合とつぶれる場合があるのを
 目の当たりにして、大規模な塾で、成績トップ層しか見ていない
 実態に嫌気がさして、個別指導を選んだ我が家です。
 
 不安もたくさんあります。塾でやっている何とか特訓などという
 名前がついたものに、何か特別な秘策でもあるんじゃないかとか
 考えれば考えるほど心配になります。
 でも、過去問を実際に解いて、解けることを確信したので、
 惑わされずに最後まで頑張ろうと思います。

 

 勉強する時のスタイルがどうも今ひとつ
 普通の子と違っておかしい娘・・・
 机の上にコンビニ座りしていたり、(かなり行儀が悪い)
 あごと胸をぺたっと机につけ、ほふく前進スタイルで
 勉強していたり・・・・そんなポーズでないと
 自分流の暗記ができない娘に応援クリックよろしく 
 お願いします(まともなポーズはないのか?)
  ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。