プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

成績不安定期

 娘が転塾してかれこれ半年になりますが、今まで不得意科目が
 ほとんどなかった娘の成績が荒れています。

 算数と国語は比較的安定して、理科と社会のどちらかがちょっと
 悪かったかなというような感じだったのですが、最近は社会が激
 しく足を引っ張ったり、理科が目もあてられないほどひどかった
 り、あるいは国語の偏差値が60越えたかと思うと、次は急に下が
 ったり、とにかくどれがまともに安定しているのか分からない
 状態になっています。

 問題の傾向でできる時と出来ない時が分かれてきたということで、
 これは不得意な部分がはっきりしてきたということでもあるので、
 その部分を強化していかないとこの不安定な状態は解消されない
 だろうなと思います。

 今回、できが悪かった社会が劇的に復活し、偏差値が一気に
 上がったのですが、こういう状況をみると、社会を捨てなくて
 よかったと思えてきます。

 その代わり算数でへぼミス連発(解答欄がずれるなど初歩的な
 あってはならないミス)などで、頼みの綱の算数で得点をかせげ
 ず、しかも理科が史上最低点を更新してしまったので、ミスが
 重なることで、信じられない成績にさすがの娘もショックで
 絶対に真面目に頑張らないと悔しすぎると、始めて精神的動揺
 を見せました。今まで少々のことでは落ち込まない娘が、かなり
 焦っていたので、いい薬だったと思うしかありません。

 私もこんな成績は今まで見たことないので、どうしたものかと
 思いましたが、今回の社会が復活したのも、毎日復習して過去の
 単元に戻ってこつこつやっていたことが結果としてストレートに
 表れてきただけで、復習をおろそかにして手つかずになっていた
 理科は、やはり忘れている部分が多く、苦手な個所がはっきりし
 ているので、そこをきちんと詰めていなかった結果で、この
 時期になると、今までの娘のように適当にやっていても何となく
 点が取れたなどということはないということを肝に銘じておかな
 いと大変なことになるのだと改めて反省しました。

 もうほとんど点の差はないんです。
 一問間違えたら順位はがたっとおちます。まして解答欄がずれる
 などは論外で、そんなことをしたら、たちまち得意な算数でも
 偏差値も順位も一気に落ちてしまうんです。

 それらが重なった時は、恐ろしい結果になり、これが入試の時
 なら確実にアウトです。

 低学年なら、どの子もそれなりにまだ幼いため、あり得ないミス
 をします。少々娘が変なことをやっても、他の子供も同じよう
 な感じなので、それでも順位がガタッと落ちることはなかった
 のですが、今はそうはいきません。みんな出来る中で、一問でも
 余計に取れるようにならないと勝ち抜くことはできません。

 今回は、それを肌で直接感じてくれたのだと思うしかありません。
 次に同じようなことをするなら、もう志望校はあきらめてもらっ
 て、自分の身の丈にあったところに決めるよと宣告しておいたの
 で、ピリッとせざるを得ないでしょう。

 目覚ましを3個かけて寝過さないように耳にipod touchのイヤホン
 をはめて固定してアラームセットして眠っていましたから(爆)
 (ヘヤーバンドでイヤホンを固定してアラームを直接耳に聞こえ
   るようにしている姿は、不気味です。)


 こんな娘なので、どこまでその気持ちが持つかはわかりませんが
 時は待ってくれないのだということを自覚し始めただけでもよし
 とするしかないのかもしれません。


 


 携帯2個の大音量でも、とめて眠る根性が
 あれば、テストも頑張れそうな気がする
 管理人に応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ
 
 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。