プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

学部内序列なんて関係ないんだけどね・・・

 大学生活に少しずつ慣れてきた娘ですが、今時の生徒の大半が
 要領よくできるだけ楽に無難に単位を取って平均的に生きる道を
 選んでいることに少々戸惑いを感じているようです。

 娘はこう見えても意外と馬鹿正直なので、最初にパソコンスキル
 のできるできないの調査があったのですが、素直にできるものは
 できると○をつけて提出していました。

 ところがですね、後で友達に聞いてみると、多少できることでも
 みんなできないことにして、一番下のクラスに行って、単位を取り
 やすくしたとか・・・・

 上昇志向が全くないのが気になるところですが、要領はいいです
 よね。というか当たり前のことなのかな・・・・?

 確かに娘は英語も情報の授業もクラスがすべて一番上になって
 しまったせいで、とても課題が難しく大変なんですが、それでも
 スキルを身につけてやりたい夢に向かいたいのなら、それに
 チャレンジして頑張って行く気持ちは悪くないと思うんですよ。

 ただ、課題が重なりすぎて楽なクラスとの差は激しくて、大学の方が
 真面目に勉強してるんじゃないかというぐらい、娘にしては頑張って 
 課題をこなしています。

 パソコンスキルは決して高い方ではないのに、グループのみんな
 が、パワーポイント使えないと言うので、娘が高校時代に授業で
 やったことがある経験者だから、誰もやらないなら進まないから
 仕方無く自分が担当することになったそうです。

 「本当はあれぐらいどうにかなると思うねん。
  みんな無理〜とか、できないとか逃げてばっか
  うちがそれならやるしかないやん。
  もう英語のクラスの課題だけでも大変やのに・・・」

 気持ちはわかるけどね・・・
 

 他にも推薦組と外部入試で入学してきた生徒との学力差はやはり
 激しく、そのあたりの生徒間の微妙な気持ちのずれみたいなものも
 出てきたみたいです。

 推薦組から見ると、見下しているんじゃないかとか、そういう気持ち
 があるらしいし、娘のようなセンター組からすると、入ったからには
 みんな同じなんだし、もっとちゃんとやろうよとなるし・・・・

 まあ色々今後も出て来ると思いますが、それでも今のところ楽しく
 大学生活を送れているのが何よりです。

 友達も増えたし、彼もできたしw

 高校時代の友人とは毎日LINEでああだこうだと話も尽きないようで
 熱烈ストレートに気持ちをぶつけてくる誠実な彼ともそれなりに話し
 て、日々忙しく生活しています。





 いいなあ・・・若いって・・・・
 最近真剣にそういうことを考えて
 しまうまめっちママに愛の応援
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓ 
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す