プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

進学準備開始

 また間があいてしまいましたが、予想通り後期も撃沈したので、先の
 入学金を払ってキープしていた大学に進学することに決定しました。

 やっと準備が進むと思うとほっとします。
 
 今年は娘の学校でも浪人する子がそこそこいるようですが、仲のよ
 かったグループの友達は、超優秀な子ばかりなので、もう東京に旅
 だった子や、すでにTOEFLの勉強を開始した子など、次に向けて動
 き出しています。

 娘も友達から誘われてTOEFL勉強会に参加する羽目になりそうで、
 それはそれでよかったのかなとは思います。
 
 最後の友人達とのお泊まり会やコンサート、大学が始まるまでは
 予定がたくさん詰まっていて、今が一番楽しいのかもしれないです。

 親の懐だけが寒いという・・・・・orz

 スーツにパソコン購入がまだなのでやらないといけないし、足りない
 洋服ももう少し買い足して、髪もきれいにしたいだろうし・・・・

 なんだか慌ただしいです。

 本類は整理してきれいになったので、後はクローゼットの中を片付
 けてもらって、大学生活をスムーズにスタートできるようにするだけ
 です。ああそうだ、駅リン君も借りておかないと・・・・・

 少しでも通学が楽になるように自転車はあった方がいいですしね。
 
 入学式には私だけが出席する予定です。
 旦那は仕事なので無理だし、教え子に会う確率が高いから心理的
 にいやなんだそう。
 (確かにその気持ちはわかるかも・・・・)

 以前学校に勤めていた時、生徒に休日に繁華街で会う確率が
 滅茶苦茶高くて、冷やかされるのがいやだった記憶があるので・・・

 こういう仕事をしていたら、絶対に誰かに会うことになるんですよね
 それは仕方ないことかもしれないけど・・・・

 とりあえず、無事に入学式を迎えるだけとなりました。

 細々したことは、まあ今月中に終わるでしょうから、新生活を楽しみ
 たいと思います。



 少しは垢抜けて女子力をあげて欲しいなと
 切に願うまめっちママに愛の応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ



 
 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
769:管理人のみ閲覧できます by on 2017/03/25 at 16:46:32

このコメントは管理人のみ閲覧できます

770:おめでとうございます&お疲れ様でした by 七瀬ななこ on 2017/03/26 at 21:36:39 (コメント編集)

 陰ながらドキドキしつつ行方を見守らせて頂いていました。
 無事一連の試験が終わり、お疲れさまでした。そして春を迎えることができ、おめでとうございます。
 私自身は新米母のため、子どもの大学入試に対する母親の想いといものを、今までほぼ想像すらしたことがなかったのですが、まめっちママさんのブログでの語り口のお陰で身につまされました。
 長きにわたって「教育」を軸にブログ記事を書き続けられたマメっちママさんの継続性が貴重だと思いますし、実直なお人柄がにじみ出る文章も素晴らしいと思います。
 今後も大学生活から就職にわたって、引き続きブログを読ませていただければと思います。

773:七瀬ななこ様へ by まめっちママ on 2017/03/29 at 03:11:05

ありがとうございます。
一応大学受験、無事終了しました。
こんなアホなことばかりやらかす娘の日常を飽きもせず
読んでくださって、こちらが恐縮してしまいます。
もうほとんどお笑いなので、役にたつことなんか何も書いて
いないのですが、それでもずっと読んでくださる方がいるだけ
で、本当にうれしいです。
大成功とは言えないけれど、これからもよろしくお願いします

▼このエントリーにコメントを残す