プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

最近の塾選びは二極化している

 世の中が不景気でも、子供の教育にかけるお金はけちらない
 から、塾産業は不況に強いなどと言われた時代があったので
 すが、現在の状況はかなり違ってきています。

 学校が塾に行かなくてもいいぐらいに補習したり、予備校の
 講師を雇ったりして、力を入れ始めているので、親としては
 塾に行かずとも学校が面倒を見てくれるのは、一石二鳥な
 わけです。

 もちろん、私立中高一貫校でも塾通いしている生徒は多いで
 す。学校によっては自由な校風を売り物にしていて、勉強は
 外でお願いしますなんていう丸投げもあるので、そういう所
 に通っている生徒の多くは、どこかしら予備校なり塾に通っ
 ています。

 ただ、その生徒達の行く塾が最近変わってきたのです。
 地元密着の小さい塾に行く生徒と、いわゆる超大手に行くか
 どちらかになって、真ん中がなくなってきたというか・・・

 有名な予備校にとりあえず行く派とお金や時間を考えて、
 地元の面倒見のよさそうな塾に行く堅実派とに真っ二つに
 わかれてしまっています。

 この傾向は塾に限らず、世の中全体がすべてにおいてそうな
 ってきている気がします。超高級品とユニクロに代表される
 ような手軽な価格の商品、いわゆる真ん中がここでもあまり
 ありません。

 ちょっと個性的で値段が少し高い物がどんどん淘汰されてき
 て、あのお店なくなったの?とがっかりすることが増えました。

 塾も安いか高いの二極化で、中身よりネームバリューを取るか
 値段で選ぶか・・・良い物だから生き残るとは、必ずしも限ら
 なくなってきているのです。

 もちろん親も馬鹿ではないので、それなりに選んでいるとは
 思うのですが、いい物を見極める目を持っている人は意外と
 少ないもんです。納得のいくプロ仕様の授業は見ればわかり
 ます。でも、その価値がわかる人が少ないというのも事実で
 派手な演出や、大してよくない物でも、フランチャイズで
 どんどん増えてくると、それが標準仕様になってしまうのが
 残念です。

 この頃どこを見ても金太郎アメみたいに同じ店ばかりです。
 コンビニすらその傾向が強くなってきています。
 近所のショッピングモールでも、また同じ店。
 新しくできた所を見に行っても、いつもの店しかありません。

 塾もその傾向が強くなってきています。
 映像授業が流行ればそればかり。そういうのに踊らされない
 家庭は、今度は電車を使ってまでも遠くの塾に行くのは面倒
 だからと、地元塾に行ってしまう・・・

 今、私の回りでもそういう傾向が顕著になってきています。
 生徒に聞いてみると、遠い塾に行くのは疲れるからいや。
 かといって大手はなんか先生との距離が遠いし、自分に合わ
 ない気がするから、行かない。大体がそういう感じなのです。

 言葉は悪いですが、いわゆる中途半端は流行らないという
 ことなのかもしれません。
 
 ある程度規格化された無難な物に国民全体が流されている・・・
 そういう気がします。

 それが悪いわけではないですが、なんだか寂しいと私は思う
 んですよね。

 うちが塾に通っていないのは、学校がやってくれるからという
 のもありますが、一番大きいのは、娘にぴったりあった、私
 が理想とする塾がないということ。

 自分が講師業をしていてこんなことを言うのもどうかと思い
 ますが、フランチャイズはいい加減なところも多いし、先生
 の質も様々です。

 大手は学歴の高い先生はたくさんいますから、一応それなりの
 基準はクリアしていますが、かゆいところに手が届く授業で
 はない・・・・

 だから個別指導でやっていたのですが、娘の成績を伸ばすには
 到らず、挙げ句の果てに途中放棄で投げ出されてしまったので、
 娘は自力学習するしか他に方法がなかったというのが、まあ
 本当のところです。
 
 だったら私達親が教えればいいのだけれど、そこは親子という
 関係上、なかなか上手くいきません。
 他の子を教える方がよほど上手くいくのです。
 
 とりあえず、娘はなんとか自力で、参考書を見たりネットで
 調べたり、動画授業を見たりして、塾のお世話にならずに頑張
 っています。

 大規模教室に合わず、個別指導の先生とは相性があるので、
 なかなか馴染めず、ただ一方的に映像を見せられる授業も娘
 の求めているものではなかったので、ピンポイントで見たい
 単元だけ映像で勉強できる今のスタイルに落ちついたわけです。

 私も自力で学習してきた人間ですが、娘が結局同じように
 一人で学習するようになったのは、なんだか不思議です。
 たまに指導者がいなくて大丈夫なのかと不安になることもある
 のですが、もうここまで来たら、娘の頑固な性格が変わるわけ
 ではないし、やるだけやって運を天にまかせるしかないです。

 秋までになんとか伸びて欲しいと願いつつ、暑い夏をとりあえ
 ず乗り切ることが当面の課題です。




 それにしても連日暑すぎて
 外に出るのがものすごく億劫に
 なっているまめっちママに
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。