プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

数学強化週間らしい

 昨日仕事から戻ると、娘が夕飯も食べずに珍しく勉強して
 いました。いや、受験生なので勉強は当然していますが、
 学校と外のファストフード店などでしていることが多いので、
 家ではもう寝るだけの日々だったのですが、テーブルに模試
 の問題を広げ、解き直しをしていました。

 ちょっと今回模試の成績がいまいちだったので、危機感を
 さすがに感じたのかもしれません。
 ご飯も食べずにやっていたので、ショックだったのかなと
 思いきや、そんなわけはなく、お腹一杯になると寝てしまう
 から、とりあえず食べずに先に解き直ししようかなと思った
 そうです。

 娘は成績で悩むことはまずないです。
 (決して点数がいいからではない。5点の数学でも悩まない)

 ちゃんと冷静に解き直して、ここもできない問題じゃないな
 とか、逆になんでこの時この解き方思いついたんだろうとか・・
 見返して新しい発見をしている感じで、そこには悲壮感とか
 後悔とかはなく、そこだけは前向きなんですよね。

 落ち込むという言葉が娘の辞書にはないんで、本人に言わ
 せると、少しは落ち込むこともあるらしいけれど、傍目には
 全くそうは見えないです。

 今回の模試では理科の不出来が目立ちました。化学はまだ伸び
 る余地が十分あるらしいんですが、物理が難しいことにかわり
 はなく、得意の英語もそこまでよかったわけではなかったので
 志望校の判定もひどかったです。

 娘の妥協できるラインの大学がC判定だったので、かなりまず
 い成績です。でも、あのひどい点数でも判定がCになるという
 ことは、問題そのものが難しかったんだろうとは思います。

 そうはいっても、とってもまずいことに変わりなく、じゃあ
 できの悪かった漢文と物理を頑張るになるのかと思ったら、
 今週は数学強化週間だそう・・・(なんでやねん!)

 まあ、こういうマイペースで動じないところが娘のいいとこ
 ろなんで、そこはまかせるしかないんですが・・・・

 逃げずに現実を直視しつつも、自分がやろうとしている手順
 に従って淡々と勉強を進めて行くのが娘のスタイルなので、
 人がどうしていようと、夏期講習で友達が予備校に行こうと
 関係なく、我が道を行くという信念だけはあるみたいです。
 (頑固ともいう・・・)

 でも、そういう神経でないと女子は乗り切れないことも多い
 のです。実際受験前には情緒不安定になって、泣いて先生の
 ところに来る女子生徒は結構います。ひどい場合、鬱病に
 なって勉強ができなくなり、受験そのものをリタイアするな
 んていう子もいます。

 あるいはそこまでではなくても、途中で推薦入学に決めてし
 まい、もっと上を狙えるはずの子がそこでいいの?という
 大学にしてしまったり・・・・

 最終的にあきらめずに無理だろうと思っていた子が意外にも
 希望の大学に進学したりなんてこともまれにあります。

 もちろんまぐれはそうあるもんじゃないので、楽天的で勉強
 が気にならない子なら誰でもラッキーにあやかれるわけでは
 ないですよ。

 努力を伴って最後はそこの精神力の部分が勝負を決めるという
 だけですから、勘違いして気楽にいけばいいのだというのは
 間違いです。

 娘もそのあたりはわかっていると思うので、毎日の居残り
 学習と日曜登校はずっと続けているわけです。

 いくら娘が強運だからといっても、棚ぼたはないですからね。
 それを自覚しつつ頑張っているのなら、もう少々模試が悪く
 ても、まだ先があると割り切り、たまに起きる事故みたいな
 もんだと思って、最終的に間に合うように勉強を仕上げれば
 いいと思うことにしています。
 
 親が動揺せずにいれば、子供も安心して頑張れるでしょう。
 
 そういうわけで、娘の今後の模試はまだまだ波乱が予想され
 ますが、私もあまり深く考えないようにしようと思います。

 また私の不整脈が出たら困りますしね・・



 
 うちのインコの家族間の差別が激しく、
 娘は誰もいないと仕方無いからこれで
 いいかという程度にしか思われていない
 のが、ちょっとかわいそうになるまめっちママ
 に応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。