プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

娘の真逆の友達

 世の中には本当に色々な考え方があり、全く自分とは反対の人が
 いるのだというのは、この年になるとよくわかります。

 娘にもそんな友達がいるらしいのです。
 最初は自分と違うから面白いなと思っていたそうです。でも、やっぱ
 り無理すぎる部分が多いと感じるようになってきたらしく、考え方の  
 違いをスルーして合わせていくのもなかなか大変なんだなと・・・・

 「どんなとこが違うの?」

 「例えばさ、私は授業中内職しない派やん。
  先生に悪いし、平気で他のことをする気持ちが
  わからんねん。でもさ、○○ちゃんは、化学と物理
  どっちやったらいいかな?なんて聞いてくるねん。
  うちに聞くか?って感じで、答えようがないやん。
  他にも担任が嫌いとか言うねんけど、うちは好きやし
  担任に直接来年は先生じゃないクラスがいいなんて
  言うねんで。ありえへんわ。」

 なるほど・・・・・かなり違うみたいやね
 内職云々については、親が宿題を手伝うのと同じ次元で、何が
 悪いの?と言う人もいるでしょうね。

 入試に関係ない科目で聞いても面白くないのに、無理に受けさせら
 れていること自体がおかしいと、言ってしまう人は意外と多いと思い
 ます。

 でも、娘はたとえそれが入試科目でなくても、道徳授業や家庭科で
 も、真面目に受けるタイプなんです。私は自分が教える立場の人間
 なので、平気で他の科目を勉強されたら、やはりいやですね。

 人の授業で何堂々と他の勉強してるわけ?
 そんなことするなら学校来ずに、家勉ずっとして
 おけばいいんちゃうの。(言わないけど・・・)

 と、正直思います。人間ですからね。

 幸いに私の科目は入試に必ずあるので、そこまで内職する人はいま
 せんでしたが、選択科目の授業だったら、けっこう内職率高そうです。
 かといって、怒れない。入試科目を勉強したい生徒の気持ちもわかる
 し、無理にやめさせて親からクレームきたり、合格しなかったらどうし
 てくれるんだ。先生責任とってくれるんですか!なんて言われると、
 見て見ぬふりする先生も多いです。

 ビリギャルの映画は好きですが、あの中で唯一私が納得できなかっ
 たのが、「学校で寝ることを許可してください」と親が言いにいった
 シーンです。

 家で必死で寝ずに勉強してるんです。だから学校でしか寝る時間な
 いのでお願いしますという理屈に????となりました。

 あの子の頑張りはすごいし、映画そのものは好きですが、学校に
 寝に行くのは、先生に失礼すぎるし、そこはダメでしょ。
 学校で寝ないように授業も真面目に聞いて、塾で頑張る子は世の
 中にたくさんいますからね。

 あの子の場合は、そんなことでは間に合わないレベルだったのは
 わかります。馬鹿にされても絶対に諦めない根性はすごいと思いま
 すよ。学校の授業の環境が悪すぎるというのもあるでしょうから、
 一概に悪いとは言えないかもしれません。でもできるだけ努力し
 て寝ないようにして、それでも寝てしまった時はすいませんでいい
 じゃないですか。

 娘は眠くて仕方ない授業の時も、鉛筆で刺したり、つねったりしなが
 ら起きていようと努力しているそうです。それでも船を漕いでしまう
 時があるみたいですが、最初から枕持って寝たり、いきなり伏せて
 堂々と寝るのは、娘自身ものすごくイヤな気分になるそうです。

 このあたりは私と同じ感性だなと思います。
 でも、これも学校のくだらない授業より外の授業の方が優秀だから
 自分の将来のために勉強の環境を選びたいと言われてしまえば、
 絶対にダメだとは言えないかもしれません。

 それは学校の先生にとって不名誉で、情けないことだと思わないと
 いけないんですけどね。学校が素晴らしい授業をしてくれて役立つ
 なら、塾に行く生徒も少ないはず。

 まあ、塾産業に勤めている私の立場からすると、来てくれる生徒が
 いないと困るというのも事実なんですが、それでも娘が自学で塾な
 しを選択して困っていないというのが現実なので、学校には感謝し
 ています。

 私や旦那がほとんど手をかけずに娘はここまで来ましたから、かな
 り学校が頑張ってくれているんだと思います。

 そういう意味ではビリギャルの子の立場と同じには語れないのです
 が、難しい問題ですよね。
 
 絶対に損したくないという人には、うちの娘みたいな考え方は相容
 れないでしょうし、馬鹿正直にやって失敗したら意味ないよと言われ
 たらそれまでです。

 まあ、娘はあまり利益を考えて行動するタイプじゃないし、そこは
 うちの旦那そっくりで、出世するためにゴマするなんて死んでもでき
 ない人の子ですから、似てても仕方無いでしょ。

 ただ、人生ってどんなに計算して損得考えても、その通りには運ば
 ないことも多いので、後はどれだけ運が娘にあるかですね。
 考えこんでも仕方無いし、やれることを淡々とやるだけです。
 
 とりあえず、もうすぐ学年末テストなので、そっちに全力をかけて
 頑張ってもらいましょう。
 

 

 インコが相変わらずパソコンの
 キーボードの上にぶんどっている・・・・
 邪魔なんだけどかわいいと思う
 まめっちママに愛の応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す