プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

添削・・・出さないと決めたら楽になる

 冒頭から爆弾発言すいません。
 添削というと、真面目でこつこつ忍耐力の強い人がやるイメージだ
 と思うんです。

 それから言うと、うちの娘は一番はずれているタイプで、出すはずが
 なく、そもそも娘のようなタイプに一番向いていない勉強法ということ
 になります。

 整理ができない訳だから、送られてきても、それを箱に分類なんて
 するはずもなく、溜まりに溜まるのがおちです。そのうち解答用紙と
 問題もバラバラになり、どこかに埋もれておしまい・・・・そうなるのが
 火を見るより明らかで、親が出しなさいなんて言っても全く無駄なん
 です。
 
 最初の一度か二度は出した記憶があります。
 でも、出さないといけないから大急ぎで適当にやって出しただけと
 いう答案には何も意味がなく、直されてきた物を復習すれば事足り
 るということに気づいて、それならもう出さなくていいんじゃない?と
 なりました。

 出せ出せと親が言う度に、ますますやりたくなくなり、どうせ出さない
 なら勿体ないし、最初からこんなのしなくていいんだ!と、喧嘩にな
 るぐらいなら、きっぱり「出さなくていい」と言ってしまえばいいんです。

 いや、別に出すなということを奨励しているわけではないです。
 きちんと真面目に提出して、力をつけていく生徒さんもたくさんいるわ
 けですから、それが本来のあるべき姿なんです。

 でも、うちの娘みたいな子には、逆に
 「出さなくていいから、解答来てから問題やればいいからね」
 と、言っておいたんですよ。そしたら時間があって、私が家にいる時に
 「今から一緒にやる?」
 みたいになって、丁寧に漢文や古文をやり始めました。

 わからないところは私が見てやったり、解説読みなさいと言って、
 すぐに疑問が解消するわけですから、答案返却を待たずに、その
 場で考えて、丁寧な解説で理解も進むで、何も悪いことがないわけ
 ですよ。

 どういう書き方がまずいのかを見てもらうというのは添削ならではの
 よさですが、私が国語講師なので、書き方のまずさや点数をもらえる 
 ポイントはわかります。それに解説もあるわけですから、もうこれは
 出さなくても全然困らないんじゃないかと・・・・・

 そうすると溜めに溜めた問題も全く気にならず、気持ちよく丁寧に
 勉強できたので、親も怒らずにすむし、娘もぐちゃぐちゃ言われずに
 しかも適当に出せばいいんだろう的ないい加減な答案にもならず、
 これって一石二鳥じゃん?とうちではなりました。

 ああもちろん、こんなことは全員に適応できることではないです。
 うちだからやってるだけで、決してよい子の皆さんは真似しないで
 下さいって話です。

 実際、最初から出さなくていいと言うのは勇気がいります。
 人によってはそのまま終わりになって、やらないで勿体ないことに
 なる可能性も大ですから、そんな荒治療が効くとは限りません。
 だからうちみたいな子限定ですけどね・・・・・

 テストが終わって時間がある時とか、本人が模試などで国語の点数
 が悪かった時とか、そういう時にタイミングよく、じゃあ添削の問題で
 復習しようかと誘ってみるんです。本人もやばいと思っているので、
 自分ではできなくても、そのタイミングなら、やるわとなることが多い
 です。

 私の生徒も英単語を覚えないとやばいと言いつつ、なかなかでき
 なかったのですが、授業の前10分ぐらいに単語テストを1セクション
 ずつやることにしたら、習慣づいて覚えるようになりました。
 学校でも授業中に単語の意味がわかるようになってきて、あてられ
 て答えられた時のうれしさを感じるようになったらしく、喜んでくれて
 いるので、何か本人がやれるように手助けしてやることって大事で
 すね。

 娘のいい加減さにつきあって、それに腹が立たなくなるように工夫
 することで、私もストレスがかなり減りました。
 祖父母宅から学校に週の半分通うようになったのも、効果的です。
 自宅ではリラックスしすぎて、ネットもつながるし、誘惑も多いけれど
 祖父母宅はパソコンなし、ネットなし。携帯は預けてしまえば何とか
 なります。

 まあ、こんな感じで娘と密着しないようになって、悪くなったことは
 ほとんどないので、親子もあまりひっつきすぎないのがいいですね。
 



 不整脈は時々感じますが、胸の痛みは
 なくなり、気分もかなりよくなって、仕事も
 今週から再開しています。ご心配をおかけ
 しました皆様、今後ともよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ

 

 

 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
750: by MUGI on 2016/02/18 at 19:55:52

こんばんは。
うちの子、今度から通信講座やることにしたんですが、やはり似たようなことを私も子供に言ってます。「提出しなくていい」とまでは言い切ってませんが(笑)、添削を出すことだけを重視すると、おざなりになったりするので、大事なのはむしろ添削問題やる前にまず教材で勉強すること、そして添削が返ってきたら間違ったところの復習をがっちりすること。
だから、添削問題自体を提出するということの優先順位は低いです。教材での勉強が終わってないうちは出すなと言ってます。

実は、私、添削指導員なんです(小声)。
添削していて、何人の子たちが戻ってきた答案を見てきっちり見直してくれるのかな~っていつも思います。多くの子は点数だけ見て「あ~何点だった」と答案を仕舞い込んで終わりじゃないかと。
「出せ出せ」とうるさく言う保護者の人も、出すこと自体に安心してしまって、それを生かして勉強につなげるということまでフォローしてくれてるだろうか?と。

751:MUGI様へ by まめっちママ on 2016/02/20 at 01:07:11

添削指導員をされているのですね。それはどうも失礼しました。
うちの娘みたいな子が全然出さずに迷惑をかけておりますww
うちも模試や添削は解き直しに重点を置いています。
そうすることで力がつくし、戻ってきてしまいこむだけではダメですよね。
私の生徒も模試はいつも受けっぱなしで、見直していなかったみたいで、
親にも見せていないし、いつ模試があったのかも知らないという感じで、
必ず解き直しをしなさいと指導してます。
出すだけで終わる子は実際多そうですね。

▼このエントリーにコメントを残す