プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

英検準1級簡単に取りたいと言うけれど・・・

 検定と名のつくものからしばらく遠ざかっている我が家ですが、娘の
 学校でも英検は2級までは全員団体受験する感じで、それ以上は
 自由に個人でどうぞのようになっています。

 普通に勉強していれば、高校生ぐらいなら、幼児期に取るのとは違
 って、理解力がついているので、そこまで難関ではないです。

 むしろ合格点が低すぎて、それで受かってしまうんだというレベルな
 ので、リスニングの得意な子なら、残りの部分はそう高くない得点で
 すべりこみ合格してしまいます。

 とりあえず取っておけば、何かと便利だろうという考えなので、みんな
 そこまでは何とか高校生の間に取る人が多いです。

 娘の学校で中高一貫組の多くがすでに取得済みです。
 次にみんなが考えているのが、準1級を合格しておけば、もしかして
 センターで満点狙いできるかもという期待です。導入時期が確定して
 いないので、娘の学年では微妙なのですが、センターで本番に満点
 取るより英検の方が楽なんじゃないかと、そっちを狙おうかなという
 友達もいます。

 ただ、2級と準1の間には大きな壁があり、まず合格点が高くなります。
 7割とれないと合格圏ではないので、2級の時のように6割でいけるの
 とは、わけが違います。

 難易度もぐっと上がるし、更に合格点もアップなので、勘で解くとか、
 まぐれで当たるは、まあないです。
 仮に奇跡的にマークが当たったとしても、二次では厳しいです。
 だからやはり簡単にセンターを満点扱いしてもらえるから、こっちの
 方が簡単かもと単純に考えてもあてがはずれることになりそうです。

 こういうことを言う子の大半が努力せずに何とか美味しいことはない
 かと考えるタイプで、それならしっかり英検対策して勉強しているの
 かと思いきや、言ってみただけでその実何もしていないことが多い
 です。

 でも、ある程度賢い学校型の英語ができる子なら、勉強次第で取れ
 る級でもあるので、進学校の上位層なら持っている子も割といます。
 ただ、多くは話せないし、実際には使えないレベルですから、机上の
 勉強で取れる英検というものは、やはり日本独特のものなのかもし
 れません。

 娘も何とかそこまでは取れたので、後は本人がやる気があれば1級
 に挑戦することもあるかもしれませんが、面倒臭いからたぶんしない
 だろうなと・・・・・

 そこまでいったんだから、数学と物理やるよになるのは仕方無いこと
 です。某大学のプレ模試を受けてきたのですが、国語は結構いけて
 ました。でも、英語がそこまでではなく、やはり二次の問題にはくせが
 あるので、訳がきちんとできていないと点数をもらえないのが痛い。

 それと数学・・・・・今の時点での得点なので、実際に受験した生徒と
 比べての点数が低いのは仕方無いんですが、やはり厳しい結果に
 なりました。

 さすがにこのレベルの学校はすごいですね。ちょっとやそっとの数学
 できますでは全く歯が立ちません。
 こんなにすごい中で、娘のような数学が通用するのか?
 と考えると無理すぎて泣けてくるレベルです。

 でも、それを見ても諦めないというか、そこまで落ち込まないのが娘。
 私も何かピンとこないし、親子で能天気なんでしょう。
 これぐらい図太くないと、この先乗り切れないし、メンタル部分で崩れ
 てくるのは女子に多いので、娘のこの神経の太さは案外いいのかも
 しれません。

 成績でそこまで悩まないというのも、一種の才能のように思えてきま
 した。(親馬鹿全開)

 とりあえずはどこができていないのかをしっかり見直し、大学の問題
 に対応できるように何度も演習を積むしかないでしょうね。
 ひらめきなんてものはパターンの積み重ねによって生まれてきます
 から、まずはそこまでもっていくことが大事かなと思います。



 なんだか風邪なのか何なのか
 よくわからないけれど、体がだるくて
 頭痛がするので、今一つ元気がでない
 まめっちママに励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ

 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。