プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

五科目模試が始まる!(タイトルと内容があんまり関係ないかも・・・)

 高校2年生までの模試の成績は、ほとんど大学入試には影響し
 ないと言われていますが、遂に五科目模試が始まります。

 今までは、国語、英語、数学の3科目しかなかったし、部活な
 どであまり本気モードではなかった子供達も多く、そこでの成
 績がそのまま3年生になっても同じということはないでしょう
 から、娘も五科目模試になってからの成績を心配しています。

 ただ、現時点でも優秀な子は、続けて頑張るというのもあるし、
 仮に科目が増えても、出来る子は出来るので、そこまで大きな
 変動はないのかもしれません。

 問題は、今まで眠っていて真剣勝負でなかった上位進学校の生
 徒が俄然勉強し始めることですね。これはかなり脅威です。

 男子が急に伸びてくるのも、部活が終わってからで、元々でき
 る素地があるわけですから、取り戻すのも早く、今までこつこ
 つすでに現時点でかなり頑張ってマックスになっていた子は
 辛いでしょうね。

 まだ余力があるぐらいでないと、この先抜かれるのは目に見え
 ています。娘は高校2年から心を入れ替えて前より勉強するよ
 うになりましたが、それでも他の子より演習量も少ないし、解
 くのが遅いので、たくさんやれないということもあって、まだ
 まだもうこれ以上無理というような勉強とは言えません。

 優秀な友達がすでにこれこれの問題集を二巡したとか言ってい
 ても、娘はまだ一巡目とか、そんなのんびりモードなので、本
 人はやっているつもりでも、トップ層の勉強量と比べると、実
 は全然足りていないのだということもわかります。

 学校で先生達や客員の予備校講師などから、どういう子が受か
 ってどういう子が本番ダメなのかを聞いてきて、自分はそれの
 どれにも当てはまる項目がないから、大丈夫やわとお気楽発言
 する娘ですから、全然煮詰まっていないし、まだもっと本気出
 せるやろと、親の私は多少思うこともあるんです。

 でも、あれほど目覚ましもかけ忘れて起きられなかった娘が
 親の私が無視して寝ていても、起きて朝風呂入って、ちゃんと
 学校に、しかも早朝学習するために一時間も早く登校するよう
 になったんですから、たとえ解くのが多少遅くても、自覚して
 いることを殊更にぐちゃぐちゃ言う必要はないわけです。

 こちらも怒らずにすむし、娘もいやなことを言われないで済む
 し、毎日気持ちよく自主的に頑張れるのだったら、それ以上
 プレッシャーをかける必要はないのだと思います。

 娘のいいところは、先生から言われたことを忠実に守っている
 ことで、解くのが遅い娘にはこっちの問題をやっておく方がい
 いと、担任が言った通りに、人は人、自分に合う方法でやり抜
 くことが一番と頑張っています。

 優秀な友達がこの問題集と参考書をやっているから、買おうか
 なと言ったこともあるのですが、本人が本屋で確かめ、自分に
 はもっと違う物がいいと、学校のプリントをもう一度丁寧に
 解き直したり、教科書こそが一番の参考書ということがわかっ
 たらしく、最近は教科書を真剣に読んでいます。

 分厚い問題集や参考書を買ってもやらなければ意味がないわけ
 ですよ。とりあえずやり抜くことができる物をやるという方針
 でマイペースの勉強を続けていきそうです。

 それが吉と出るのかどうかはわかりませんが、ぶれない姿勢は
 大事です。女子が成績で伸び悩むのは、大抵このぶれです。
 自分を信じ切れなくて、悩んで先生のところに相談ばかりしに
 行き、話して安心するということを繰り返すのは、時間の無駄
 で、とにかくやるしかないだろうという姿勢でただ一心に勉強
 する。これができる子は強いですね。

 娘は勉強ばかりというのは、ちょっと無理そうなんですが、
 授業でも先生が説教する時間が一番無駄だという考えなんです。
 よく怒って一時間潰れたなんて先生がいますが、ああいうのは
 本気でダメです。つまらないジョークで受け狙いするのも嫌い
 で、他の生徒からつまらないと言われて内職されてしまう先生
 の授業でも、真剣に聞いていて、内職絶対しない派なんです。

 友達からは内職しないって、ありえんと逆に言われるそうです
 が、そういうのがどうしても許せないらしく、昔から道徳の
 授業とかが好きで、みんながそこで宿題やったり、テスト前に
 他の主要科目の勉強したりするのを、ものすごく嫌がっていま
 した。要領悪すぎだろうという話なんですが、そこが娘の頑固
 なポリシーで、私も本来娘は正しいと思うので、その意志は
 尊重しています。

 そこでそんなもの役にたたないから、他の勉強しなさいとは
 親として到底言えないです。受験に関係ない科目は確かにいら
 ないのかもしれないし、受かってなんぼのものだから、先生も
 強く言えない。生徒は悪びれもせず、堂々と内職する・・・・
 
 そっちの方がまともで、そもそも関係ない科目をみんながやる
 意味がわからんというのが主流の考えなのかもしれません。
 それもわかるので、私は内職しているのが悪いとは言いません。

 ただ、人間無駄なことも必要なんですよね。一切の無駄を排除
 した社会が健全なのかというと、決してそんなことはないはず。
 人間なんだから失敗もするし、無駄な動きがあってもそれが人
 らしいんじゃないかと思ったり・・・・・

 そんなことを考えさせられる日々です。

 とりあえずは娘がそうしたいという意志を最大限に尊重しつつ
 適切なアドバイザーとして残り一年走り抜けたいと思います。

 

 
 長期間更新さぼってすいません。 
 また頑張って更新していきますので
 見捨てないで応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。