プロフィール

まめっちママ

Author:まめっちママ
中国語学科卒。
女子校の国語講師から予備校講師に華麗なる?転身
その後、娘のスケジュール管理のために専業主婦を
長くやっていましたが、中学受験終了と共に教育業界
に再就職。

twitterも遅ればせながら始めました。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事+コメント

コメント大歓迎です。
コメント残してくださった方の
ブログには必ず
お礼訪問させていただきます。

カテゴリ

ランキング

復活しました!
今は気楽に気が向けば
更新しています。
応援していただくと
やる気がアップします。

通信教育

早めの準備!

投票

本屋では売っていない教材

英語で理科を学んでみよう!

twitter

RSS

テスト前こそ早寝早起き

 娘が生まれて、夜型の我が家は娘の時間に合わせるために、
 かなり時間の調整に苦労しました。

 だから専業主婦にならざるをえなかった私は、夜娘を9時すぎ
 までに寝かしつけ、その後旦那が帰ってくるまでのわずかの
 時間だけが自分の時間でした。

 そこから遅い夕食を食べさせ、片付けしたりお風呂掃除したり
 すると、もう2時ぐらいになってしまい、朝は娘の時間に合わ
 せて普通の生活を送っていたので、睡眠時間は結構短く、そ
 れで今の短時間睡眠でも大丈夫な体になってしまった気がし
 ます。

 そんな我が家ですが、娘が中学受験することになり、夜遅くに
 塾通いし、そこから宿題をしていると、どんどん寝る時間が
 遅くなり、娘は段々と家族と同じような夜型になってしまい
 ました。

 本当は早寝早起きさせたかったのですが、そうもいかず、12
 時を越えることも出てきて、中学に無事入学してからは、夜
 遅くまで起きているのが普通になってしまいました。

 上手く宿題を早くやることができず、中高一貫の早い進度に
 慣れるまでは早寝早起きは無理で、しかも学校が遠いという
 こともあり、睡眠不足は慢性化して、これではダメだとずっと
 思っていたんですが、なかなか上手に時間を使えず、ズルズル
 と中学時代を過ごしてしまいました。

 高校に入ってからも、運良く上のクラスに入れたもんだから、
 気楽に過ごしていて、もう少し早くエンジンをかけてくれたら
 と思うことばかりで、数学の点数はあいかわらずの低空飛行を
 続けていたし、コース選択をしないといけなくなって、親の
 私だけが焦り、本人はそこまで考えずに何とかなるとお気楽
 発言を続けていました。

 そんな娘ですが、心のどこかでここからは頑張るという区切り
 はつけていたようです。
 2年になって突然朝型に変更しました。
 その代わり学校でしっかり残って8時まで勉強。
 朝は5時に起きて早朝学習するために登校。家に帰ってくると
 ほとんど何もしませんが、早々に寝てしまい、起きられなくて
 親に頼ってばかりで、遅刻したら親のせいだなんてぬかして
 いたのが、自分で起きて親が寝ていても学校にちゃんと行ける
 ようになったんです。

 テスト前はいつも大焦りで、捨てた科目も多数あったり、勉強
 不足が目についたのですが、今回はなぜか滅茶苦茶早く寝てし
 まいました。そう言えば、前回のGTECの時も、早く寝て体調
 万全で臨むのだと言ってましたが、それと同じくテストで初め
 て娘が12時前に寝てしまいました。

 大丈夫なのかと思ったけれど、本人は、勉強は前もってずっと
 してたから、できるかどうかはわからんけど、ちゃんとやる
 ことはやったと、結構涼しい顔で言うのです。

 こんなことは初めてなので、びっくり仰天なのですが、時間さ
 え長ければいいってもんじゃないことは、わかっているので
 娘が自分なりに頑張ったという達成感を持っているのなら、
 それを信じてやるしかないです。

 たとえ成績に反映していなくても、娘の変化は認めていますか
 ら、黙って今は応援してやろうと思います。

 


 
 つば広帽が流行っているみたいですが
 娘が土星みたいな帽子かぶって似合ってない
 ありえん同級生がいると言っていたけど
 本当に街中でよく見かけるようになって
 どの店にも同じような帽子置かないで欲しい
 と思ってしまったまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 中高一貫教育 

 人気ブログランキングへ



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す